よしのの日記

全員に公開(未登録会員含む)

2017年
05月28日
12:08

【うんち注意】座薬お漏らしの実験

先日のお漏らしで座薬お漏らしの虜になってしまったので、座薬を使ったときにどのくらい我慢できるのか調べてみました。
ちょっと前に皆さんが利尿剤で実験されていたのを参考にしながら、せっかくなので学校の授業時間に合わせて座薬を入れて、「授業前はお腹が痛くなかったのに授業が始まったあとでうんちがしたくなった」状態で授業が終わるまで我慢できるかどうか、というかたちで実験してみました。

文系だったのでちゃんとした実験のし方は分からないですが・・・




5月28日(日)
体調・・・普通、最後の排泄(うんち)・・・3日前
下着・・・白色(ドット柄)、綿100%、サイズ150cm
薬・・・新レシカルボン坐剤S 1個



7:00
朝食(食パン1枚、牛乳、ヨーグルト)

8:30~9:20
(1時間目)

9:30~10:20
(2時間目)

10:30~11:20
(3時間目、実験開始)

10:25におしっこを済ませて、座薬を入れる。

10:45頃(残り35分) お腹が痛くなってくる。

10:55頃(残り25分) お尻の辺りが熱くなってきて少し湿っぽいオナラが何回か出てしまう。

11:00頃(残り20分) お尻から少しうんちが出てしまう(親指くらい?)。椅子が汚れてしまうので膝立ちになる。

11:07頃(残り13分) 次から次へとうんちが出てきてしまう。お漏らし。



という結果でした。
漏らしてしまったうんちはちょっとネバネバしてるけど、しっかりめのうんちです。その後トイレで残りをしてしまおうと思いましたが、力を入れても全くでなかったので、パンツの中にしてしまったもので全部でした。
よって、授業前に座薬を使えば体調が悪くなくても50分の授業中に我慢できなくなってしまうと思います。


他に面白い実験が思いつかないので、面白い実験やこんなことしてみて欲しい等ありましたら教えてください。できる範囲であればやってみたいと思います。

いいね!

びしょびしょパンツの会」は、「SNS作成サービス!そーしゃるぱーく(無料)」で作成された、PC(パソコン)・FP(フィーチャーフォン※ガラケー)・SP(スマートフォン)・TB(タブレット)対応のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
広告等のお問い合わせは「各種お問い合わせ」までお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加